【地域活性学】アンラーニングするのは誰か

地域活性化センターフェロー会議

地域活性化センターフェロー会議に参加しました。1か月に1回、地域活性化センターの前神有里さん(地域活性学会正会員)が進行を務めるオンライン会議です。今回はアンラーニング(unーlearning)をテーマに話し合いました。こうした議論を地域活性学を考えるときに行ってみてはと思います。前神さん、やりましょうよ。参考のため、今回会議で私が発言した趣旨を以下にまとめます(斉藤)。

地域活性化センターフェロー https://www.jcrd.jp/about/cat5029/

知識や技能が通用しなくなっている

教育ジャーナリストの後藤健夫氏は、アンラーニングとは、いままで持っていた知識や技能が習慣化して当たり前のものとして思考や行動が「癖」になってしまっているものの、実際にはそれらの知識や技能が通用しなくなっていることがあります。そうした「古いものを一旦忘れて、新しい状況での思考や行動を試みる」ことがアンラーニングであると説明しています。フェロー会議では世代論は少し危険性があるとの指摘がフェローからありましたが、敢えて世代論で言うと、我々が住んでいる日本には生き方、考え方に関する明らかな相違がある2つのグループが存在すると私は考えています。それは、高度経済成長をひたすら走り続けた昭和生まれの世代(以下昭和世代という)と、バブル崩壊後に就職ができなかったいわゆる就職氷河期世代以降の若者たちの世代の相違であり、それが断裂を生んでいます。昭和世代が親から言われてきた「いい学校に入り、いい会社に入り、終身雇用によって最後まで一つの会社に勤める」を是とした日本型雇用モデルが、バブル崩壊により文字通り崩壊したことが、この断裂の要因です。就職氷河期世代は薄いレイヤーであるものの、みな同じ経済的なショックを同時期に共有しており、変化せざるを得なかった人たちが多く存在します。この困難な状況を起点に明らかに昭和世代とは違ったものの見方をする若者が生まれていることに私は着目し、彼らが持つ特徴を博論の研究テーマとしました。博論の中では、バブル崩壊後に生まれた世代をZ世代と称するのではなく、非競争世代と称することにしました。Z世代であると、デジタルネイティブさが強調されるあまり、彼らが持つ非競争性があぶり出せないと考えたためです。そして、競争や成長・拡大意識の高い昭和世代がムラ社会の長老として君臨する年齢となり、地域に住む若い非競争世代はひたすら沈黙し、断裂はさらに広がっている実態があるのではないかと研究を進めました。

後藤健夫、教育「大人たちのアンラーニング」のススメ第1回『なぜ、教育にアンラーニングが求められているのか』2022年6月、ベネッセ https://view-next.benesse.jp/innovation/page/article10731/

絶望的な組織間関係

この2つのグループの絶望的な関係を、若き研究者の斉藤幸平氏は脱成長やコミュニズムを解決策として主張し、成田悠輔氏は、自治・政治はAIに任せろ、昭和世代は引退せよといい放っています。昭和世代に属する私としては、昭和世代にアンラーニングの時間を与えてほしいと思うのです。それが私が博士課程に入り、非競争世代を研究した大きな理由です。この断裂や非競争世代が昭和世代に対して感じている違和感を直接私に伝えてくれたのが前神さんであり、これらがなぜ剥離しているのかという博論のリサーチクエスチョンになりました。会議に参加した前神さんは、違う人と意見交換していくことで違う価値観と出会い、違和感にも共感にも出会う、そういうことを経験する中で新しい関係性も生まれてくる。価値を交換し合うには異質との出会いで気づくことが大事です。もう年齢や立場や経験が上の人から下の人へ教える時代でもなく、ともに未来をつくっていこう!ですねとSNS上でフォローしてくれました。しかし、私たちの地域活性化の現場である集落で、果たして長老たちは、非競争世代の存在を認め、対話をはじめてくれるのか甚だ疑問です。長老はムラ社会にはびこる家父長制度に対する問題点を認識し、アンラーニングして、ムラ組織を再構築することができるのでしょうか。長老にはアンラーニングしろよと私は叫びたいです。しかし、ムラ社会が問題だと指摘する首長も自治体職員も外部の研究者たちも見当たらず、長老世代のアンラーニングはできないだろうけどね。ここが地域活性化のアンラーニングのポイントと思います。以上会議での発言をまとめてみました(斉藤)。

傷ついた人を切り捨てる社会から傷ついた人が心を癒すことができる社会へ

こういうことを話すことって大事ですね。斉藤さんが言われる長老世代のアンラーニングの難しさの裏には、長い間男性優位がデフォルトの社会があり、そうした社会に対する現状維持を意識的にも無意識のうちにも望むあまりに想像力欠乏症に陥っている状態もあると思います。この壁をもう嫌というほど経験してきたし、その中でタテ型社会を生き残り上がっていこうとすると、スカートをはいたおじさんも生まれてきました。いわゆる名誉男性です。傷ついた人を切り捨てる社会から傷ついた人が心を癒すことができる社会へ変わっていけるか、そこにもつながると思っています。またいろいろお話しましょう(前神)。

京都府南丹市天引の女性たちの発表から(国土交通省)

地域活性学に関するご意見をお待ちします。

Writer:斉藤俊幸